一人10万円の「特別定額給付金」の申請用紙が届き始めています

国民一人10万円を支給する「特別定額給付金」の申請用紙の発送が21日から奈良市でも始まっています。すでに届いたという方もおられるようです。申請に当たり、分からないこと等がありましたら、日本共産党にご相談ください。

 

今回の給付金が決まる前、政府は所得が激減した人など条件を設け一人30万円を給付するとしていました。これでは、申請手続きが複雑になり給付までに長い時間がかかります。また、多くの方々がコロナの影響で困っている中条件を設けることは、分断を持ち込むことにもなります。

 

日本共産党は2月当初より、いち早く困っている人に届けるためにも「すべての国民に一人10万円の給付を」と求めてきました。これは多くの方々の声を受けてのものでもあります。野党のみなさんとの連帯、何より多くの国民の声が政府をも動かし、一度閣議決定までされた政策を見直しさせたことは画期的です。

 

一人10万円の給付は実現しましたが、まだまだ経済の復興には時間もかかります。奈良市でも、緊急事態宣言は解除されましたが、観光バスは一台も走っていない状況です。これまで商売をされてきた方がこのコロナ禍を乗り越え、再び元気に事業を再開できるよう継続的な支援も求められます。暮らし、営業、雇用を守るための具体的手立てをとることを、奈良市に対し引き続き求めていきたいと思います。

カテゴリ:お知らせ comments(0)

参院選・日本共産党は7議席

21日投開票の参院選で、日本共産党は7議席(選挙区:3・比例:4)を獲得、改選前よりも1議席減となりました。ご支援いただいたみなさん、ほんとうにありがとうございました。

 

▲倉林明子候補当確時の写真(赤旗より)

 

京都選挙区は、倉林明子候補が当選、大阪選挙区では、たつみコータロー候補が最後まで支持を訴えましたが及びませんでした。埼玉では、21年ぶりに議席を獲得するなど、今後に希望を持てる動きも生まれています。一人区での野党共闘では、沖縄をはじめ全国で10議席を獲得しました。

 

また、自民・公明・維新など憲法改定を進める勢力の議席は、改憲発議に必要な3分の2を割り込むなど、改憲論議に対しての国民の審判が下されたものだとも考えています。

 

年金や消費税など、選挙期間中に訴えてきた政策の実現に向けて、国政も地方も一緒になって引き続き頑張ります。みなさんの引き続いての大きなご支援をよろしくお願い致します。

カテゴリ:お知らせ comments(0)

中間選挙、日本共産党候補全員当選!!

奈良県では宇陀市、御所市、東吉野村の3自治体で中間選挙が行われ、全員の当選を勝ち取りました。

 

宇陀市=八木勝光候補(現)3位当選

御所市=川本まさき候補(新)7位当選

    いくかわ真也候補(現)11位当選

東吉野=九里幸雄候補(現)6位当選

 

安倍政権の立て続けに明らかとなる不祥事に、各地域の皆さんの怒りの声とともに、共産党への期待も強く感じる選挙戦でした。ならから安倍政権NO!の声を大きくしていくためにも、全県の皆さんと共に引き続き力を尽くしていきたいと思います。

カテゴリ:お知らせ comments(0)

日本共産党92周年

昨日、7月15日、日本共産党は92周年を迎えました。軍国主義による侵略戦争へ突き進もうとしていた日本に、唯一の反戦平和を掲げてのスタートでした。そして今、安倍内閣による「集団的自衛権行使容認の解釈改憲」「秘密保護法」など、再び「戦争する国づくり」への暴走のまっただ中での92周年となりました。

92周年にあたり記念講演が行われ、インターネットによるライブ中継も行われ、全国で視聴されました。講演をした志位委員長は、「集団的自衛権行使容認」「大増税と暮らし破壊」「原発再稼働」「沖縄新基地建設」の4つの課題について日本共産党の見解を述べた上で、多くの国民の心を一つに、「安倍政権打倒の国民的大運動」をよびかけました。視聴した方からは、「どの課題も切実で喫緊のものばかりで解りやすかった」との感想も。

講演の様子は録画でご覧いただけます。
 
カテゴリ:お知らせ comments(0)

奈良市議団のブログ

奈良市議団のブログはじめました。


 
カテゴリ:お知らせ comments(0)
1

PR

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

recent comment

  • ゴミ焼却場建設について、奈良市より説明を受けました
    國重修一郎

このブログについて

書いた記事数:155 最後に更新した日:2020/09/09

記事検索

その他

mobile

qrcode