奈良市幼保再編問題で議会報告会&交流懇談会を開催 

 日本共産党・奈良市会議員団主催の「議会報告会・交流懇談会」を1019日につづき、25日にも開催させていただき、35人の方が参加されました。(文責・北村)

 

 

 

 この日は、奈良市幼保再編問題のテーマに絞って開催し、市議団からの基本報告を私(北村)のほうからさせていただきました。

 

 報告では、子ども子育て支援新制度などの国の動き、幼保再編計画やその問題点、9月議会の論戦などについて資料も用いて話しました。

 

 会場からは8人の方が発言。

 

 市の職員がきて行なった「説明会」は30分くらい一方的に市の考え方を説明するだけ。保護者の話を聞かない/再編案のうわさが広がり、市立幼稚園を希望する保護者も、仕方なく、他の私立園に通っている/幼稚園がなくなれば小学校の統廃合につながる/小学校区を基本に整備したまちを壊すのは許せない/分園方式はとくに問題/情報提供をもっとしてほしい/11月に幼保再編問題の学習交流会を計画したい、など、積極的な発言がつづきました。

 

 幼保再編問題は、市域全域にかかわる問題となっており、地域のあり方にも直結します。市議団としても、ひきつづき報告や交流懇談を行なってともに取り組んでゆきたいと思います。

カテゴリ:議会報告会 comments(0)
1

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:90 最後に更新した日:2017/09/28

記事検索

その他

mobile

qrcode