金子兜太さん、亡くなられる…。 そして2月21日〜3月議会始まりました

 「アベ政治を許さない」のスローガンの揮毫(きごう)でも知られた俳人の金子兜太(かねこ・とうた)さんが20日、亡くなられました…。98歳。

 戦争中は帝国海軍主計将校として、南洋のトラック島に“捨て石”とされた体験を持ち、多くの反戦の句を残されています。戦争中の悲惨な経験から「集団的自衛権の名の下で、日本が戦争に巻き込まれる危険性が高まっています。海外派兵されれば、自衛隊に戦死者が出るでしょう。政治家はもちろん、自衛隊の幹部たちはどのように考えているのでしょうか。かつての敗軍の指揮官の一人として、それを問いたい。国のために働かされ、死んでいくという制度や秩序は我慢できません。無理に生きる必要のない、自由な社会を作っていく。それが俺の思いです」と語られ、安倍政権を厳しく批判しました。

 今こそ、その思いを私たちが受け継ぎ、平和を未来に手渡していかなくてはならないときではないでしょうか…。

 安倍政権の憲法改憲発議は、絶対許せません。

 

 さて今日(2月21日)から、奈良市では3月議会の内示会が行われ、実質3月定例議会が始まりました。29年度補正予算や平成30年度予算案が示され、来週28日の本会議開会には、3期目の仲川市長の予算に対する所信表明が行われます。

 23日閉会予定まで、長丁場ですが、6人全員でしっかりと審議したいと思います。

 3月6日から代表質問が始まり、6〜7日は一般質問。議案に対して、各委員会で分科会形式の集中審査も行われます。

どなたでも、本会議や分科会の傍聴をすることができます。ぜひ、傍聴にもお越し下さい!

 

ならうさぎ

カテゴリ:- comments(0)
コメント
コメントする








   

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:113 最後に更新した日:2018/11/07

記事検索

その他

mobile

qrcode