市立小中学校の普通教室へのエアコン設置に、みなさんのお力をお貸し下さい!

連日、35度以上の猛暑日が続いています。9月も残暑が厳しいのではと多くの方も感じておられることと思います。9月からは小中学校の授業も始まりますが、エアコンのない教室で日中生活をしなくてはならない子どもたちの健康が大変気にかかります。

 

 

愛知県豊田市では校外学習から戻った児童が熱中症で死亡する事件も発生、日本全国で公立学校にもエアコン設置を求める声が高まっています。しかし、奈良市の市立学校のエアコン設置率は全国でも最下位となっています。奈良市は「予算がない」と言い訳していますが、事は子どもたちの命がかかった重要課題です。

 

 

7月23日には、日本共産党の県議団と市議団で市教育委員会と市長に対して申し入れも行いました。子どもたちの命をまもり、安心して過ごせる教育環境にしていくためにも、日本共産党では現在、署名活動に取り組んでいます。ぜひ、みなさんの声を託していただき、奈良市の教育環境改善に、みなさんのお力をお貸しください。

カテゴリ:市民生活 comments(0)
コメント
コメントする








   

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:116 最後に更新した日:2018/12/19

記事検索

その他

mobile

qrcode