参院選・日本共産党は7議席

21日投開票の参院選で、日本共産党は7議席(選挙区:3・比例:4)を獲得、改選前よりも1議席減となりました。ご支援いただいたみなさん、ほんとうにありがとうございました。

 

▲倉林明子候補当確時の写真(赤旗より)

 

京都選挙区は、倉林明子候補が当選、大阪選挙区では、たつみコータロー候補が最後まで支持を訴えましたが及びませんでした。埼玉では、21年ぶりに議席を獲得するなど、今後に希望を持てる動きも生まれています。一人区での野党共闘では、沖縄をはじめ全国で10議席を獲得しました。

 

また、自民・公明・維新など憲法改定を進める勢力の議席は、改憲発議に必要な3分の2を割り込むなど、改憲論議に対しての国民の審判が下されたものだとも考えています。

 

年金や消費税など、選挙期間中に訴えてきた政策の実現に向けて、国政も地方も一緒になって引き続き頑張ります。みなさんの引き続いての大きなご支援をよろしくお願い致します。

カテゴリ:お知らせ comments(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- -
コメント
コメントする








   

PR

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:136 最後に更新した日:2019/11/29

記事検索

その他

mobile

qrcode