新型コロナウィルス感染拡大で、児童虐待とDV増加が…

オリンピック延期の決断以降、新型コロナウィルス感染が広がって、日々、感染拡大数が右肩上がりで更新を続けています。

そんな中で、在宅ワークや学校の休校などの対策が次々におこなわれています。

また、パート労働など、非正規雇用の方の首切りも広がり始めました。

 

そのような環境が広がる中で、児童虐待とDVの被害拡大が問題となっています。

児童虐待の場合、子どもは学校に行けば、給食があり、親からの暴力から切り離されますが、休校になれば家にいる時間が増えることによって、虐待の危険にさらされるリスクが高まります。

 

また配偶者暴力も同じです。

昼間は、夫が仕事に出かけている間は、暴力から逃れ、相談窓口に行くこともできますが、在宅ワークや失業によって自宅にいることが多くなる時間が、暴力を増加させる要因になってしまいます。

 

児童虐待と配偶者暴力は、セットになっているケールが多くあります。

新型コロナでなく、二次被害によって虐待の拡大と最悪の死亡は防がなくてはなりません。

 

ヨーロッパでは、児童虐待とDVが30%増、アメリカでは20%以上も、わずか数週間で増加したと調査結果が出ています。

先日、厚生労働省も各都道府県や自治体に対策を取るよう通達を出しました。

奈良市の子育て相談課や男女共同参画課と懇談をおこない、対策をお願いしました。

私たちも、市や地域のみなさんと連携して、被害の拡大と子どもたちの安全、女性の保護に力を尽くしたいと思います。

 

奈良うさぎ 拝

 

おかしいなと思ったら、相談、通報を!

児童虐待の相談や通報は 奈良市家庭児童相談 0742−34−4804

また、DV被害の相談は、全国DV相談ナビ 0750−0−55210(全国どこからかけても、地域の相談センターにつながります)

カテゴリ:- comments(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- -
コメント
コメントする








   

PR

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

recent comment

  • ゴミ焼却場建設について、奈良市より説明を受けました
    國重修一郎

このブログについて

書いた記事数:150 最後に更新した日:2020/05/29

記事検索

その他

mobile

qrcode