道路の穴ぼこ箇所をスマホで通報するシステムがスタートしました

 奈良市は7月1日から市道の穴ぼこや街路灯が消えていたなどの現場写真をスマホで投稿すれば、それをキャッチした市の担当課が迅速な対応できる仕組みをスタートさせました。奈良市のホームページにあるサイトであらかじめ住所、氏名などを登録しておけば穴ぼこなどの現場写真を投稿することができます。共産党市議団はかねてから市に対し、京都市で市民のスマホによる穴ぼこ通報システムが運用されていることから奈良市でもできないかと提案していました。奈良市でも年間2千件程度の電話等による通報がありますが、このシステムが安全なまちづくりの一助になることが期待されます。

 

 道路損傷等の状況が市議会の中で可視化されてきたことがこのシステム導入に至った背景に挙げられます。市議団は2012年の3月定例会で、市が負うべき損害賠償責任について、地方自治法では全て議決を経なければならないことになっているのに、奈良市は保険適用した案件しか議会に諮っていないのは問題だと指摘しました。これを受け、同年6月議会で条例改正され、その後は保険適用の有無にかかわらず、損害賠償の全案件が議会に諮られるようになりました。ゴミ収集車による門扉や塀の破損などが多いのですが、市道の穴ぼこによる車両等の損傷などもかなりあることが明らかになりました。毎年50件前後の損害賠償案件があり、どうしたら道路損傷による事故やケガが減らせるかという議論も活発になってきました。

ぜひ皆さんもこのシステムを活用してくださるようお願いします。

 

カテゴリ:- comments(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- -
コメント
コメントする








   

PR

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

recent comment

  • ゴミ焼却場建設について、奈良市より説明を受けました
    國重修一郎

このブログについて

書いた記事数:155 最後に更新した日:2020/09/09

記事検索

その他

mobile

qrcode