戦争立法反対の一点で共同ひろげ、必ず廃案に!

 安倍政権が国会に提出した「平和安全法制」。法案が、政府がネーミングした「平和安全」とは関わりのない、海外で戦争する、憲法9条を壊す「戦争立法」そのものだとうことが、連日の国会審議をつうじて国民に伝わり、不安と批判の高まりのなかで反対が広がっています。

 日本共産党の志位和夫委員長が行なった国会での連続追及は、メディア報道やインターネットで大きな反響をよんでいます。

 「ポツダム宣言を読んでいない」― 党首討論での首相答弁に衝撃が走りました。過去の日本の戦争を「侵略戦争」とも「間違った戦争」だとも認めない安倍首相が、この法律を手にしたら戦争に突き進む危険性が飛躍的に高まります。

 アメリカが無法な侵略戦争、先制攻撃をやってきた歴史的事実、そのアメリカにべったり追随してきた日本政府が集団的自衛権でアメリカと海外に踏み出すことがいかに危険か・・・志位質問で、問題の核心が浮きぼりになりました。

 法案の中身がよくわからないとの声もありますが、ネーミングなどにごまかされてはなりません。

 明らかになった戦争立法の本質をよくつかみ、まわりに知らせましょう!

 憲法を破壊する戦後最悪の戦争法案は、徹底審議のうえ廃案にするしかありません。奈良県でも「憲法9条を守れ!奈良県共同センター」のよびかけにこたえ、精力的なとりくみが開始されています。戦争立法反対の一点で大きく共同広げ、必ず廃案に!ともども頑張りましょう!!


 

カテゴリ:戦争立法 comments(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- -
コメント
コメントする








   

PR

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:127 最後に更新した日:2019/07/26

記事検索

その他

mobile

qrcode