厚生消防委員会

1月29日、厚生消防委員会が行われました。今回は奈良市の「子育て支援策」「高齢者福祉施策」「みどりの家」について質問しました。
 

子育て関連については、子育てしやすい環境の整備について、特に経済面での支援策について質問しました。全国では、多子世帯の保育料について、2人目や3人目以降の保育料を無料にしている自治体が増えており、鳥取県でも低所得世帯での2人目無料を実現しています。全国の事例に学び、奈良市でも思い切った施策の実現を求めました。また、奈良市が小規模保育を実施する事業者を選定する際に、一般の会社法人(株式会社等)も対象とすることとしたことを受け、利益を生み出さなければならない一般企業と、福祉としての保育事業とは相容れず、保育の質の低下につながるのではと、進む民間委託に対し見直しを求めました。奈良市は待機児童がいることは認めながらも、今後の保育所の設置については小規模で対応し、対象事業者についても、厳格に審査するとしながらも民間企業等も対象としていく旨の答弁でした。

高齢者福祉では、入浴補助券について、従来の制度に変わり新設された「ななまる入浴券」はポイントカード制度を利用する形となっているが、引き替えには1000ポイントと高齢者にとって難易度が高く、もっと広く利用してもらうためにも、ポイントの引き下げを求めました。また、家に風呂がない高齢者に対しては、福祉の観点から支援を行うべきだと、制度の創設を求めました。奈良市は、ポイントの引き下げについては、しばらく利用状況を見ていく、風呂のない方への補助については、他市の事例を見ながら検討したいとの回答にとどまりました。

「みどりの家」は、左京の総合福祉センター内にある施設で、障がい者の方などにたいして、無料で鍼灸治療を行っています。しかし、この施設が民間委託されるという計画があり、無料診療の存続や施設の存続について不安の声が寄せられていました。障がい者で高齢、低所得な方にとって、ここでの治療は大変助かっているとのことで、今の形態での運営を求める声があがっており、奈良市に対策を求めました。
カテゴリ:議会 comments(0)

沖縄の仲里衆議院議員を迎えて、連帯集会にぜひご参加を!

沖縄の仲里衆議院議員を迎えて、連帯集会が開催されます。
私たち市議団も参加します。
ぜひご参加ください。

日時:2月14日(日)13時30分から16時

場所:奈良商工会議所5階大ホール

チラシから

 沖縄・辺野古新基地建設の強行を絶対に許さない、奈良県 沖縄・辺野古新基地建設の強行を絶対に許さない、奈良県 沖縄・辺野古新基地建設の強行を絶対に許さない、奈良県 沖縄・辺野古新基地建設の強行を絶対に許さない、奈良県 沖縄・辺野古新基地建設の強行を絶対に許さない、奈良県 民連帯のつどいを開催します。講師は、1年前総選挙で自 民連帯のつどいを開催します。

 講師は、1年前総選挙で自 民連帯のつどいを開催します。講師は、1年前総選挙で自 民党現職候補を大差で破り、オール沖縄の圧倒的な意内外に示した仲里利信衆議院員です。骨太説得力ある仲里さんの講演が奈良で聴けるのは今回が初めてです。

翁長県知事を先頭に国相手に法定闘争 にも突入した沖縄県民のたたかいに奈良からも連帯を強め広げましょう。

主催:安保破棄奈良県実行委員会
   奈良革新懇
   奈良AALA連帯委員会
   奈良県平和委員会

カテゴリ:- comments(0)

奈良革新懇 「講演会」にぜひおこし下さい。

12月7日(月) 夜・6時30分から

奈良商工会議所 5階大ホール

お話しする人:堀内てるふみ 日本共産党衆議院議員
「立憲主義を貫く新しい政府の課題と展望」
日本共産党の本気度をトコトン聞こう

 
カテゴリ:- comments(0)

国民健康保険料の減免申請

  国民健康保険料の減免申請                     (文責 北村)

 11月25
日、奈良民主商工会の国民健康保険料の集団減免申請に、共産党市議団も同席させていただきました。

 


 市内で仕事されている業者の方々が、それぞれ自らの商売や仕事の実情、所得が激減している実態を切々と訴えられました。
 
 豆腐屋を営んでおられる女性は、近辺にスーパー・マーケットがたくさんできてお客さんが激減しているところに、原料代の高騰、家賃値上がりなど相次ぎ、営業が困難に。豆腐をつくっても売れ残り、捨てなければならない状況を話されました。
 
 印刷のデータ加工業をされている方は、パソコンやソフトの普及で仕事の単価がどんどん下がり、昨年の売り上げは過去最低。大学生と高校生の子どもをかかえるなか、夫人もパートに出て無理をし身体をこわしていまい、入院・手術など医療費が逆にかさむなど、本当に大変です。
 
 不動産業の方からは、学生が奨学金返済に追われ、親も教育費負担で疲弊し、部屋貸し業が成り立たない状況を訴えられました。電気工事業をされている方も、事業主が身体を壊し大病を患い、仕事ができない苦境に立たされていると。
 
 胸がつぶれる思いです。まさに市民の状態悪化の縮図がありました。
 
 これに対し、担当課長も、担当係長も、来られた市民の訴えや実態を、丁寧に聞きとって仕事しようとされていることがよく伝わり、ジーンときました。
 
 最近、なかなかこうした場面に接することが減っています。
 
 市民の暮らしをまもる立場にたって、自治体が精一杯の役割をはたすことが求められているなか、こうした姿勢にたった市の対応がひろがればと切に思いました。
 
 市民の切実な暮らしの願いを正面にかかげ、12月議会も、市議団全員で力あわせて奮闘したいと思います。


 
カテゴリ:市民生活 comments(0)

2016年度第2次予算要望

奈良市の来年度の予算編成にあたり、さる10月28日に36項目の
重点要望の提出に続き、今回これに続いて市民生活に関するさらに具体
的な要望や、まちづくりについて、第2次要望として市長に提出しまし
た。主な内容は以下のとおりです。

第1、長引く不況のもと、いのちと暮らしをまもり、市民生
活の安定をはかることをもとめます。
 市民生活に関することとして、滞納税、滞納債権については一方的な
徴収強化でなくきめ細やかな対応をすることを含め2項目。
 
保育・学童保育に関することとして、児童福祉法24条1項に基づく
市の保育実施責任を基本に保育することを含め21項目。
 障がい者・児対策に関することして、市独自に障害者自立支援制度の
自己負担軽減策を図ること。また、施設への支援も行うことを含め5項
目。
 高齢者対策に関することとして、待機者が増えている特別養護老人

ホーム等、入所施設の基盤整備を早急んはかることを含め7項目。
 介護保険制度に関することとして、要支援1・2の方の介護サービス
は、これまでのサービス量・質・利用料など不利益にならないようにす
ることを含め2項目。
 低所得者対策に関することとして、生活保護制度について保護基準の
ひきさげは行わないよう国に要望することを含め3項目。
保険・医療対策に関することとして、奈良市で24時間小児救急を実
施することを含め3項目。
国民健康保険制度に関することとして、保険証は、加入者全世帯に無
条件で交付することを含め5項目。
ひとり親家庭対策に関することとして、ひとり親家庭の福祉対策を拡
充することを含め2項目。
平和行政に関することとして、安保法制(戦争法)を廃止するよう国
にもとめることを含め5項目。
雇用・中小業者支援に関することとして、中小業者の実態調査を行い
中小企業への融資制度を拡充することを含め4項目。

第2、市の街づくり計画を全面的に見直し、住民主体の街づ
くり計画で自然と歴史的景観を守り、世界遺産都市にふ
さわしく、環境と人にやさしい文化の香り高い奈良市を
築くことを求めます。
都市計画・景観・街づくりに関することとして、街づくり条例を制定
するなど、街づくりにかかわる住民と民間事業者との紛争やトラブルを
解決するためのルールづくりを行うことを含め12項目。
自然環境・農業問題に関することとして、鳥獣被害対策を抜本的に強
化することを含め3項目。
道路・交通に関することとして、リニア中央新幹線については、採算
性、自然環境や住民生活への影響等、あらゆる角度から検証を行うことを
含めて11項目。
 河川・公園に関することとして、河川の増水による浸水・冠水対策をす
ることを含め7項目。
公共施設に関することとして、奈良市の公共施設総合管理計画の具体化
に当たっては、今後市民の施設利用に大きな影響を及ぼすことから、計画
段階から市民への十分な説明と合意を得ることを含め6項目。
住宅に関することとして、母子や障がい者・高齢者、また災害などで緊
急に一時避難を要する場合など、特定目的の市営住宅を計画的に建設する
ことなどを含め3項目。
 消防・防災問題に関することとして、消防関係予算を増額し、消防力整
備指針にもとづき人と整備の両面で消防力を強化することを含め5項目。
 ごみ問題に関することについて、市民の負担増となる家庭ごみの有料化
は行わないことを含め7項目。

第3、教育予算を増やし、豊かな個性、確かな学力、健康な身
体をつくる教育の実現を求めます。
「小中一貫教育」について、現場の意見を尊重すること。充分な検証を
行い、見直すことを含め30項目。

第4、不正・腐敗・暴力を一層し、市民が真に主人公となる清
潔・公生で、無駄のない市政、市民参加の政を求めます。
公務員の成績主義評価導入をやめ、職員のやる気を引き出し、住民に役
立つ市役所とするために一層努力することを含め3項目。

その他
公用車の事故対策について具体的対策を取ることを含め1項目。
 
カテゴリ:- comments(0)

PR

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:139 最後に更新した日:2020/01/20

記事検索

その他

mobile

qrcode