原水爆禁止2015年世界大会・広島大会

文責(北村)

 

 原水爆禁止2015年世界大会・広島大会(84日〜6日)に参加させていただきました。

 

 今年は、被爆70年・戦後70年の節目の年。こともあろうに、安倍政権は「戦争法案」を国会に提出し、緊迫した審議が続けられ、国民の反対世論の高揚のなかで開催される大会になりました。

 

 奈良県代表団は、例年の倍となる80名を超すメンバーとなり、医療従事者や労組、青年、女性など多彩な顔ぶれでした。

 

 私自身は、原水禁世界大会には、学生時代に青年企画にバスで参加して以来の参加でしたが、広島の地に立ち、原爆被害の実相を肌で感じ、知ることが多く、学びの連続でした。

 

 とりわけ、被爆者の方々から直接お聞きした証言は衝撃的でした。被爆者やそのご家族が、苦しみ・困難のただなかで生き、戦争を二度と繰り返さないために、自らの存在と人生をかけて、被爆体験を語っておられる生きざまに圧倒されました。

 

 6日の被爆70年ヒロシマデ―集会には、5,500人の人たちが国内外から集まり、核兵器被害の実相を知り、伝え、受け継ぐ意思を、被爆者の方々と共有する、胸に迫るものがある集会でした。

 

 連帯のあいさつに、日本共産党の志位和夫委員長が登壇。訴えの節々に、大きな拍手が響きました。

 

 

 被爆体験・戦争体験をもつ方々が少なくなるなか、その実相の継承と普及は、私たち世代、あとに続く世代にかかっています。国内外の皆さんと力をあわせたいと思います。

 

 「戦争法案」は、被爆者や広島・長崎の被爆地の皆さんと心ひとつに、力をあわせてなんとしても廃案に! がんばりましょう!!


 

カテゴリ:核兵器廃絶 comments(0)

 奈良市議会議員有志のアピール

「国際平和支援法」「平和安全法制整備法案」を廃案にすることを求める 奈良市議会有志の会のアピールを発表しました
これは、日本共産党奈良市議団が提出していた「国際平和支援法」「平和安全法制整備法案」を廃案にすることを求める意見書は「現政権が進めている(自民)」「3要件が明記されており憲法解釈上正しいから(公明)」と意見書に対して「反対」を表明、全会一致が原則のため賛成多数でしたが否決されました。今後、全会一致の原則を見直す必要があるように思えます。
意見書は否決されましたが、「国際平和支援法」「平和安全法制整備
法案」を廃案にすることを求める奈良市議会有志の会を18名で結成。
アピールの発表と、街頭宣伝を行いました。


「国際平和支援法」「平和安全法制整備法案」を廃案にすることを求める 奈良市議会有志の会のアピール

安倍政権は、立憲主義に対し、昨年7月1日に行った集団的自衛権行使容認を柱とした「閣議決定」を具体化するための法案を今国会に提出し、戦後最長の会期延長で成立を強行しようとしている。
 
これらの法案の内容は、自衛隊が「戦闘地域」にまで行って軍事支援を行い、イラクやアフガニスタンで多くの死者を出している「治安維持」にも参加し武器が使用できるようにするものである。さらに安倍首相は、集団的自衛権を発動し米国の先制攻撃の戦争へ参戦することも否定しておらず、日本をアメリカの起こす戦争にいつでも、どこでも参加できるようにする法案と言わざるを得ない。
このような法案は、憲法9条を踏み破る違憲の法案と言わざるを得ない。よって、国におかれては、今国会での「国際平和支援 法」、「平和安全法制整備法案」は廃案にすることを求める。

2015年7月14日
奈良市議会議員有志





 
カテゴリ:- comments(0)

保健福祉部長へ緊急の申し入れ…

今日もどんよりした曇り空…
市役所の窓をあけると、もうセミの声がにぎやかに聞こえてくる。セミさん、こんな日に地上に出てきてお寒くないですか?
それにしても、6月議会が7月2日に閉会しましたが、副市長人事やマイナンバー制度関連議案、住宅問題議案に議会の正副議長や役員改選など今議会もいろいろあった議会だった。6月議会報告は、今、制作中です。できあがったら、HPにもアップしますので、どうぞご覧ください。

ところで今日、議員団会議の後、緊急に保健福祉部長に緊急の申し入れをしました。
何かというと、奈良市遺族会が主催する「戦後70周年の集い」について、奈良市が後援していることについて、取り消しを求める申し入れです。
この集いの記念講演に今、お騒がせ発言で問題になっている百田尚樹氏が講演するプログラムが含まれているからです。
民主主義を根底から否定し、言論弾圧の発言を繰り返し行い、先の侵略戦争を美化する。
今、まさに平和の問題について国会でも審議されて世界中が行方を注目している最中の暴力的な発言は、憲法を守る立場からは到底見過ごすわけにはいきません。
遺族会のみなさんが、独自の集いで百田氏の講演を聴く分にはなんら関与するものではありませんが、奈良市は憲法を遵守する立場から平等と公平を守る必要があるので、後援をすることは問題です。
後援の取り消しを求めました。
内容は、以下をご覧ください。














 
カテゴリ:- comments(0)

改良住宅家賃改定案 僅差で可決

 昨日(6月29日)は、夜9時半まで本会議がありました。今議会の重要案件の一つである改良住宅家賃改定関連議案の採決をめぐり、僅差での採決が予想されたため、記名投票を5回行い、時間がかかりました。賛成19、反対18でした。私たちはこの議案に賛成し、その理由も本会議で述べました。

 改良住宅は公営住宅の一形態で、同和事業の一環として建設され、市内には605戸あります。劣悪な住環境を改善するために建てられたもので、従来からそこに住んでいた住民のための住宅です。この点が一般の市営住宅と異なる点です。家賃は収入に関係なく11,600円の定額で、駐車場使用料、共益費などの住民負担もありません。また空家募集も地区内募集であり一般公募ではありませんでした。

 しかし、同和行政の根拠となる国の法律がなくなって13年経過し、さらに収入に応じた家賃(応能応益)制度を採用することが妥当との「奈良市改良住宅家賃等検討委員会」の答申が出されて7年経過していることから、改善が求められていました。

 家賃が上がることは住民の皆さんにとっては負担が増えますが、共産党市議団は従来から不公正な同和行政のの速やかな終結を求めてきたこと、他の市営住宅との均衡をはかる必要があること、激変緩和措置が取られていることなど総合的に判断し、賛成しました。

 

カテゴリ:議会 comments(0)

6月議会 議会傍聴におこしください

6月議会が始まっていますが、今週は代表質問、一般質問がおこなわれます。

チラシにご案内の日程、テーマで質問をおこなっていきます。

議会は議場で直接傍聴できます。ぜひお越しください。

カテゴリ:- comments(0)

PR

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:127 最後に更新した日:2019/07/26

記事検索

その他

mobile

qrcode