改良住宅家賃改定案 僅差で可決

 昨日(6月29日)は、夜9時半まで本会議がありました。今議会の重要案件の一つである改良住宅家賃改定関連議案の採決をめぐり、僅差での採決が予想されたため、記名投票を5回行い、時間がかかりました。賛成19、反対18でした。私たちはこの議案に賛成し、その理由も本会議で述べました。

 改良住宅は公営住宅の一形態で、同和事業の一環として建設され、市内には605戸あります。劣悪な住環境を改善するために建てられたもので、従来からそこに住んでいた住民のための住宅です。この点が一般の市営住宅と異なる点です。家賃は収入に関係なく11,600円の定額で、駐車場使用料、共益費などの住民負担もありません。また空家募集も地区内募集であり一般公募ではありませんでした。

 しかし、同和行政の根拠となる国の法律がなくなって13年経過し、さらに収入に応じた家賃(応能応益)制度を採用することが妥当との「奈良市改良住宅家賃等検討委員会」の答申が出されて7年経過していることから、改善が求められていました。

 家賃が上がることは住民の皆さんにとっては負担が増えますが、共産党市議団は従来から不公正な同和行政のの速やかな終結を求めてきたこと、他の市営住宅との均衡をはかる必要があること、激変緩和措置が取られていることなど総合的に判断し、賛成しました。

 

カテゴリ:議会 comments(0)

6月議会 議会傍聴におこしください

6月議会が始まっていますが、今週は代表質問、一般質問がおこなわれます。

チラシにご案内の日程、テーマで質問をおこなっていきます。

議会は議場で直接傍聴できます。ぜひお越しください。

カテゴリ:- comments(0)

6月議会、議案と日程


 2015年 6月8日(月) くもり・のちあめ

  すでに報告している通り、先週の金曜日「内示会」が行われ、6月12日から始まる「6月議会に市長から提案される『案件』の概要」が説明されました。

 「報告案件」=13件
 「議案」=13件でした。
■「報告案件」
 ・外郭団体(奈良市清美公社・生涯学習財団・総合財団など)の経営状況の報告
 ・市長専決処分の報告
  (介護保険特別会計補正・市営住宅明け渡しおよび滞納家賃請求訴え・損害賠償=公用車の事故補償など)
■「議案」
 ・「空き家等対策の推進に関する特別措置法」の規定に基づく「協議会の設置」
 ・「情報公開条例」の一部改正
 ・「副市長人事」提案(向井政彦氏)及び「退職金の不支給」
 ・「西之阪共同浴場」の廃止
 ・第4次総合計画後期基本計画(平成28年度〜平成32年度)
  ※特別委員会を設置して審議します。
 ・あやめ池小学校給食用厨房機器の取得
 ・市道路線の廃止・認定
 です。

 1、副市長人事案件については、議会開会初日の「採決」は行わず、6月29日に行うことに。
 2、「総合計画特別委員会」の設置と委員構成について、
  奈良未来の会=3人、自由民主党=3人、日本共産党=2人、公明党=2人、改革新政会=2人、無所属ー1人となり、7月2日の「議会最終日」に設置され、同委員会に付託されます。
 3、日本共産党市会議員団から「戦争法案を廃案に」の
「意見書」を提案しています。

 今週の11日金曜日の議会開会以降の日程が下記のように決まりました。


               11日(金)・開会日
               
17日(水)・本会議代表質問
               18日(木)・本会議一般質問
               19日(金)・本会議一般質問
               23日(火)・観光文教委員会
                     ・建設企業委員会
               24日(水)・総務委員会
                     ・予算決算委員会市民環境分科会
                     ・市民環境委員会
               25日(木)・意見書調整会議
                             ・予算決算委員会(全体会)
               29日(月)・本会議(討論採決)
               30日(火)・役員選挙

          7月

                1日(水)・役員選挙
                2日(木)・役員選挙、閉会日

         ※  6月議会は「役員改選の議会」でもあります。
            議長・副議長、常任委員会委員長などの改選が行われます。


 
    
   ● 写真:今年3月議会の「本会議」

   <本日のブログ作成責任者:松岡克彦>

 
カテゴリ:議会 comments(0)

6月議会・内示会

来週12日より6月議会が開会となるのに先立ち、本日、内示会が行われました。この内示会では、6月議会に提案予定の議案が示され、概要の説明がされます。主な議案の内、国でのマイナンバー制度導入による条例改正や、奈良市の姿勢を決める「第4次総合計画後期計画」の提案など、議論の必要な案件も含まれます(総合計画は特別委員会が設置され9月議会まで議論されます)。
 

このほか、前回の3月議会から継続して審議となっている、改良住宅の家賃を改定する議案と、それに関係する請願1件も今議会で引き続き議論されます。

6月議会の代表質問は17日、日本共産党からは北村議員が、18日・19日は一般質問が行われ、松岡議員、山口議員、白川がそれぞれ質問を行います。議会の様子はインターネットでも中継されておりますので、ぜひご覧下さい。
カテゴリ:議会 comments(0)

戦争立法反対の一点で共同ひろげ、必ず廃案に!

 安倍政権が国会に提出した「平和安全法制」。法案が、政府がネーミングした「平和安全」とは関わりのない、海外で戦争する、憲法9条を壊す「戦争立法」そのものだとうことが、連日の国会審議をつうじて国民に伝わり、不安と批判の高まりのなかで反対が広がっています。

 日本共産党の志位和夫委員長が行なった国会での連続追及は、メディア報道やインターネットで大きな反響をよんでいます。

 「ポツダム宣言を読んでいない」― 党首討論での首相答弁に衝撃が走りました。過去の日本の戦争を「侵略戦争」とも「間違った戦争」だとも認めない安倍首相が、この法律を手にしたら戦争に突き進む危険性が飛躍的に高まります。

 アメリカが無法な侵略戦争、先制攻撃をやってきた歴史的事実、そのアメリカにべったり追随してきた日本政府が集団的自衛権でアメリカと海外に踏み出すことがいかに危険か・・・志位質問で、問題の核心が浮きぼりになりました。

 法案の中身がよくわからないとの声もありますが、ネーミングなどにごまかされてはなりません。

 明らかになった戦争立法の本質をよくつかみ、まわりに知らせましょう!

 憲法を破壊する戦後最悪の戦争法案は、徹底審議のうえ廃案にするしかありません。奈良県でも「憲法9条を守れ!奈良県共同センター」のよびかけにこたえ、精力的なとりくみが開始されています。戦争立法反対の一点で大きく共同広げ、必ず廃案に!ともども頑張りましょう!!


 

カテゴリ:戦争立法 comments(0)

PR

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:139 最後に更新した日:2020/01/20

記事検索

その他

mobile

qrcode