6月議会開会中です

県・市議団
先週,県議選まで9か月を切り、様々な宣伝物やニュース作成に必要なことから奈良市の県議団、市議団そろっての集合写真を撮りました。真ん中のピンクの服が山村幸穂県議、ベージュの服が小林照代県議、その周りが市議団のメンバーです。 
 さて奈良市議会は6月定例会中です。26日までの予定ですが、質問関係は終わり、あとは議長などの役員選挙です。共産党市議団は付託された議案のうち、奈良市税例等の一部改正案、帯解保育園の保育を帯解幼稚園で行うための条例改正案について反対しました。
  
 市税条例の改正案には法人市民税の法人税割の税率が現行の14.7%から12.1%に引き下げる内容が盛り込まれています。奈良市でも約4億5千万円の減収となります。一方で今回の消費税の増税で自治体間の財政力格差がさらに拡大することに対する是正措置として、法人住民税の引き下げに見合う「地方法人税」が新設されました。これは地方自治体固有の自主財源である法人住民税の一部を国税化し、地方交付税の原資にしようとするものです。このような形での税収格差是正は消費税を地方財政の主要財源に据えるねらいと一体のものです。また自治体間の税収格差は、地方交付税の「財源保障」と「財政調整」の2つの機能を強化することで実現すべきであり、自治体の自主財源に手を付けるべきではありません。
 またこの条例案には軽自動車税の大幅な引き上げが盛り込まれています。自家用軽自動車を例にとると来年4月から現行7200円から10800円に1.5倍の引き上げ、再来年4月から新規検査から13年経過した軽自動車は12900円に1.8倍に引き上げられます。また二輪車も50CCの原付自転車を例にとると現行1000円から2000円に引き上げられます。消費税増税に加え、軽自動車税率の大幅な引き上げと重課が導入されれば、経費を節約するために軽自動車を利用しようとする庶民に重い負担を課すものです。以上の理由を述べて反対しました。

  今議会で、共産党市議団が出していた「取り調べの可視化を求める意見書」も含め8本の意見書が全会一致で採択されました。無実の人が罪に問われる冤罪事件が後を絶たない中、警察・検察での取り調べの全過程を録画録音する可視化は絶対必要と訴え、当初反対していた会派とも主旨を損なわない範囲で文案調整し、全会一致の採択となりました。
カテゴリ:議会 comments(0)

6月議会が開会中です!

 先週木曜日は、山口議員が代表質問。金曜日は松岡議員が、今日16日月曜日は北村議員と私、山本直子が一般質問に立ちました。
 山口議員は、仲川市長に自治体の首長として安倍政権の集団的自衛権行使容認をどのように考えるのか。また県が進める若草山モノレール建設や自衛隊の展示飛行の問題など、広く市政全般に渡り、市長の政治姿勢について質問しました。
松岡議員は、老春手帳優遇措置事業の入浴補助事業について、仲川市長とがっぷり四つのバトルを一問一答で質問!
 みなさん、まもなく奈良市議会のHPに動画がアップされると思います。松岡議員の質問に市長がどのような答弁をおこなったか、ぜひじっくりとご覧ください。
 そして、今日16日月曜日は、質問トップバッターは北村議員。
ならまちセンターの展示ホール使用継続を求めて、市民の立場で市長にとことん迫りました!これも、動画必見です!
 私、山本直子は、奈良市子ども条例についてと、地元からいただいた課題について質問しました。
奈良市の子ども条例は、私が議員なって真っ先に取り組んだ課題です。何度も本会議で取り上げ、委員会でも要望し、ようやくパブリックコメントが実施されるところまできました!
 みなさん、奈良市のホームページで、「奈良市子どもにやさしいまちづくり条例骨子案」として、パブリックコメントを募集していますので、ぜひご意見お寄せください!
6月議会も市議団は、7人全員で委員会、本会議で力を合わせて、がんばっています!
身近な声、どんなことでもご意見ぜひお寄せくださいヽ(^0^)ノ
下の写真は、入浴補助事業継続を求めた、署名提出の時の写真です。高齢者のささやかな福祉制度を廃止してはいけませんよね…
             入浴申し入れ
カテゴリ:議会 comments(0)

定例の市会議員団会議

 
 定例の市会議員団会議です。

 過日も紹介しましたが、会議の冒頭30分学習を定例にしています。
 今は、「綱領教室」第1巻(志位和夫著)=新日本出版を学んでいます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いよいよ6月議会が迫ってきました。
 6月議会の任務分担や、取り上げる課題などを相談・確認します。
 また、「意見書」の準備について、さらには、常任委員会の割り振り(各議員本人の希望)なども出し合います。

カテゴリ:議会 comments(0)

議会報告会

奈良市議会主催の「議会報告会」が開かれました。奈良市議会議員全員が出席し、主に3月議会での議論の内容が紹介されました。参加された市民の方は80名ほど。意見交換では、参加者から市議会に対しての要望も出されました。

ただ、今回は事前の打ち合わせの中で、各議員個人や会派に対しての質問はできないとしていたため、あくまで議会で議決された事のみの報告となってしまっているため、本当に市民の方が聞きたかった事が答えきれているかどうか疑問が残りました。
 
カテゴリ:議会 comments(0)

消費税増税、暮らし直撃

                                                      文責・市議 井上まさひろ

消費税が17年ぶりに増税され、4月1日から8%になりました。私たちは低所得ほど重い負担になると批判し、中止を求めてきましたが、そのことを実感する事例に接しました。
 

 一つは赤旗編集部からの問い合わせです。4月4日付の読者の声欄に掲載予定の奈良県在住の85歳女性の投稿の内容について確認の電話が私の携帯に入りました。要支援2(要介護ではないので保険の対象外)でこれまで介護タクシーを利用していたが、初乗り運賃が540円から650円と値上げされたというものです。遺族年金が減らされたのに、消費税負担は増え、どうして生きていけばようのかと怒りの投書です。知り合いの介護事業所に聞くと、介護報酬が上がったので、うちでは介護タクシーの運賃は上げていないが、上げる事業所もあるとのことでした。
 

 もう一人は電話帳で共産党の番号を調べて消費税の増税の怒りを訴えてきた生活保護世帯の女性です。私が折り返しその女性に電話すると切々と窮状を教えてくれました。「昨年の8月に続き、4月から保護費が1500円下がった。食べ物を節約し、体重が減ってきた。お湯をためると水道代が高くつくので年中シャワー。ファンヒーターは風呂上りだけしか使わない。クーラーはあるが電気代がかかるので真夏でも使えない。扇風機で暑さをしのいでいる。貧乏人は死ねというのか。もう一度生活保護費が減らされるというのは本当か。民主党に期待して知人にも支持を広げてきたが、増税をしたのでもう支持しない」というものです。

 

 街頭で宣伝や署名をしていると「しかたがない」、「もう決まったこと」とあきらめムードもありますが、10%への再増税は年内にも決断するとしています。8%は10%への一里塚に過ぎません。声を集め、引き続き運動をすすめましょう。

 

 

 

カテゴリ:議会 comments(0)

春の嵐…

「さむ〜!!」っと、思わずもらしてしまうほど寒いですね〜ショック
昨日は、奈良の山間部では雪が積もっていたようです(◎-◎;)
お花見シーズン真っ盛りにこの春の嵐!
みなさん、寒暖の差が激しいです。風邪には充分お気をつけください。

春の嵐といえば、4月1日から消費税が上がって、暮らしに嵐が起こりそうです。
しかしこの嵐、当分おさまりそうもありません。冷や汗
銀行に行くたびに、郵便局に行くたびに、スーパーに行っても、居酒屋さんに行っても、
お財布に厳しい風が吹いてきます!
これから、増税の痛みが次々と広がってくるんではないでしょうか…

消費税の増税ではなく、
1.大企業の内部留保を使って、働く方々の賃金アップ

2.最低賃金を大幅に引き上げる
  そのためにも中小企業の直接支援が必要です

3.雇用のルールを強化する
  派遣法や均等待遇の改善、ブラック企業の規制を抜本的に行わなくてはなりません


共産党は、こうやって「経済の好循環」実現のカギとなる賃上げの具体的な政策を提起しています。
安倍政権は、8%の次は来年10月に10%へのさらなる増税を粛々と計画しています。
このまま黙ってはいられませんよね!
「安倍さん、もうやめてんか!」、この声をさらに広げて、消費税増税ストップさせましょう!
春の嵐は、こりごりです…(直)


 
カテゴリ:議会 comments(0)

久々の団会議です

日本共産党奈良市後援会の機関紙「あした晴れ」の春号のトップ面の写真どりです。
奈良市役所の正面で全員集合して撮りました。


3月議会が終わって、最初の団会議です。
団会議では、毎回「綱領教室」(志位和夫著=新日本出版社)の30分学習から始めます。
議会中は、質問の確認・理事者との質問調整などでできないことが多いのですが、今週から再開です。
議員団7名で輪読を中心に、感想・疑問などを出し合う方法で進めます。
そして、先週の活動報告・今週の活動の力点・留意点などを確認します。
3月議会の感想では
「来年度予算の特徴は、暮らしよりも、観光に力点を置いた予算になった」
「32億円の収支不足が足りないって言ってたけど、それって、自分のマニフェスト優先に回ったから足りなくなった」
「福祉の基本を『自助・互助』が中心で、行政の役割を放棄しているのが特徴的にでているね」
など、感想が出されました。
カテゴリ:議会 comments(0)

予算決算委員会の市長総括質疑が行われました

予算決算委員会の市長総括質疑が行われました。日本共産党からは、山口議員が、来年度の市長の政治姿勢について質問しました。

他の委員の質問で、市が来年度から廃止しようとしているシルバーパスの入浴補助券制度(月15回、100円の負担で銭湯に入れる制度)について、4月からいきなり廃止するのではなく、激変緩和策を講じることは出来ないか、との質問が出ました。市長は、段階的に縮小していく仕組みを検討したいとの見解を示しましたが、そのことについては本会議でも予算委員会でも提案もされておらず、予算も伴う内容だけにこのタイミングで切り出し、どさくさに紛れて通してしまおうという市長の姿勢は、あまりに横暴と言わなければなりません。

予算決算委員会の中で、日本共産党奈良市議団は「予算組換動議」を提出しました。先ほどのシルバーパス事業を継続するための予算のほか、夜間中学校の補色費の継続、小学校の30人学級を継続させるための予算を確保するための組換えです。

20日には本会議で、各議案の採決が行われます。討論は松岡市議が行います。最後まで、暮らしを守る市政に、全力で取り組んでいきたいと思います。
カテゴリ:議会 comments(0)

松岡議員が力強く代表質問!!明日は北村が質問します。

5日、本会議質問が始まりました。
本日は代表質問。日本共産党議員団からは松岡克彦議員が質問に立ちました。
他会派の質問とは対照的に、市民の深刻になっている暮らしの実態について
市長の認識を質しましたが、悪化している暮らしを真っ先に応援しようという
姿勢は市長の答弁からは感じられませんでした。
とくに、高齢者優遇措置事業の風呂制度を「ポイントカード制度」に移行(
10月から)する提案がされていますが、改悪です。
公衆浴場の利用は月1回に。市の主催する健康増進事業などに参加すると
ポイントがたまる制度にして、外出のきっかけにするといいますが、気軽に
公衆浴場に行けなくなる高齢者が続出することになります。
「何でもタダで提供できない」「高齢者も裕福な人がいる」と、高齢者を
切り捨てるような市長の答弁に怒りがわきました!
ただ、奈良県がすすめる「若草山モノレール建設計画」について、認識を質した
質問に、市長が、世界遺産の価値を損なうようであれば明確に反対する立場
だと一歩踏み込んで答弁したことは、前進でした。急速に広がる反対世論が
突き動かしたと思います。
明日6日は、私(北村)が午後一番で、一般質問をさせていただきます。
市内の地域で大きな不安を広げている「買い物難民問題」など、とりあげます。
傍聴におこしください。



 
カテゴリ:議会 comments(0)

奈良市の2014年度予算は 「4K予算」

先週金曜日から3月定例会が始まりました。3月20日までの会期です。この日は市長による提案説明が行われました。昨年8月の生活保護費引き下げ、12月からの年金引き下げ、今年4月の消費税増税、70歳から74歳までの高齢者医療費窓口負担の倍増など安倍内閣の悪政推進による空前の市民負担増で迎える市の予算です。住民福祉の増進という地方自治体の役割が今ほど求められるときはありません。
 しかし提案された奈良市来年度予算はこうした市民の暮らしを守る視点は全くありません。「子ども」、「教育」、「環境」、「観光」、それぞれの頭文字をローマ字で並べると「4K」になりますが、いずれも昨年市長選挙時の市長政策集に盛られたものばかりであり、中学校給食などこれまで私たちが求めた来たものも盛り込まれていますが、総じて市長のマニュフェスト優先予算です。しかし来年度予算案に決定的に抜けている2つの「K」があります。「くらし」、「高齢者」です。高すぎて3割もの方が払えない国保料の軽減予算は従来の域を出ず、またシルバーパスの入浴扶助も事実上の廃止です。市立中学校の学校給食には来年度だけでも10億円の予算をつけるのに、春日夜間中学の補食費(1食100円。パン、うどん、牛乳など、年間80万円)は全部カットの冷たさです。暮らし守る予算にむけ7人力合わせてがんばります。
カテゴリ:議会 comments(0)

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:105 最後に更新した日:2018/06/05

記事検索

その他

mobile

qrcode