防災とボランティア週間 ・ 市会議員団12月議会報告

018  1月   15 (月) はれ  ※ この記事の担当=松岡かつひこ

 

 突然、大きな揺れに見舞われます。何事が起ったのか・・・・・・。

 早朝の5時50分ごろ、兵庫県南部地域を中心に引き起こった「阪神淡路大震災」(1995年、1月17日)。今でも鮮明に覚えています。

 あれから23年。間もなく1月17日を迎え、この日は防災とボランティアの日となっています。

 広く国民が災害時 におけるボランティア活動及び自主防災活動についての認識を深めるとともに、災害へ の備えの充実強化を図ることを目的とした週間で、 阪神・淡路大震災を契機に、災害時の ボランティアと平常時における自発的な防災活動の重要性が認識されたことを受けて、 1995年(平成7年)12月15日の閣議了解により、毎年1月15日–1月21日を防災と ボランティア週間とすることが定められました。

 今、市役所1階正面玄関で、写真パネル・防災グッズ展などが開かれています(19日まで観ることができます)。

 

 この日とは別に、9月1日は防災の日です。
防災の日は「台風や高潮、津波、地震等の災害について認識を深め、それらの災害について大暑する心構えを準備するため」として、制定されました。

1923年9月1日午前11時58分に発生した関東大震災の死者行方不明者14万人以上とされる惨事を教訓として、防災の意識を高めるために政府が1960年に制定し、毎年全国で防災訓練が行われます。

 

 

 

 

 

             ..............................


 日本共産党奈良市会議員団発行の「12月議会報告」ニュースが間もなく完成します(完成予定は1月22日)。

 今回のニュースは、新火葬場建設予定地の土地購入補正予算、クリーンセンター移転問題、心身障がい者医療費助成制度の改悪(一部自己負担金導入)など、市民生活に直結する問題が山積です。

 ぜひお読みいただきますようご案内します。

1月末から皆さんのお宅にお届けできると思います。

 

 

 

            ..............................

 

  

 

            ..............................

  

   きょうの 潮 流

 

 正月明けの昼間に鳴りひびいた警報は、まだ記憶に新しい。二つの地震がほぼ同時に生じたことが原因という5日の緊急地震速報。揺れを感じなかったにもかかわらず一部の電車が止まるなど首都圏は騒然としました▼ニューヨークでは昨年、地下にある駅で銃撃が起きたとの間違った情報がひろがり、逃げ出した多くの乗客らが負傷。誤報であっても巨大地震やテロの恐怖が身に迫っているとなれば緊張や不安は一気に高まります▼弾道ミサイルの脅威。すぐに身を隠して。これは訓練ではない―。こんなメッセージが米ハワイ州の住民や観光客に送られました。車を置いて避難する人、搭乗手続きを中止する空港。地元メディアが混乱ぶりを伝えています▼担当者が誤ったボタンを押した警報システムの誤作動。しかし、核実験とミサイル発射をくり返す北朝鮮への恐れがあるからこそのパニックです。同じようなことは日本でも起きています▼もしそれが戦争の引き金になってしまったら…。互いに挑発し、軍事的な力を誇示する張りつめた空気は、いつ不測の事態を。実際、キューバ危機の時には沖縄の米軍に核ミサイルの発射命令が誤って下ったといいます▼それなのに安倍首相は相変わらず。初訪問のバルト3国でも訴えるのは北朝鮮の脅威と圧力ばかりです。韓国と北朝鮮の南北会談は緊張を和らげ、平和な環境をともにつくることで一致しました。米政権をはじめ世界が対話を歓迎している中で、その異常な姿はいっそう際立ちます。

 

       .......................................................... 

 

■ 奈良市議会日程

 閉会中の所管事務調査(常任委員会)

  1月26日(金)・市民環境委員会

    31日(水)・観光文教委員会  

  2月 5日(月)・厚生消防委員会

     6日(火)・総務委員会

    19日(月)・建設企業委員会  

     .......................................................... 

カテゴリ:議会 comments(0)

消防出初め式も行われ、今年もいよいよ本格スタートです

今日は、奈良市消防局の出初め式です。鴻ノ池の陸上競技場と体育館で式典やパレードが行われました。寒波で大変寒い日となりましたが快晴となり、多くの市民のみなさんも子連れで集まっておられました。消防職員や消防団のみなさんお疲れ様です。今年も宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

=====以下はたらくくるまシリーズ(奈良市消防局の消防自動車)一部=====

 

消防団の軽トラック

 

はしご車

 

化学消防車

 

高規格救急車

奈良市議会12月定例会が開会。教育分野の国の実証事業について質疑を行ないました。(文責・北村)

 奈良市議会12月定例会が11月29日に開会しました。(会期は12月14日まで)

 

 29日の本会議で、市長より今議会に報告・提案する案件の説明がありました。

 

 9月定例会につづき今議会も、提案された補正予算案の一部に、新斎苑(新火葬場)の関連予算が含まれています計画地の土地取得のための経費ですが、計画地とともに、計画地に隣接する西側の土地(計画地とほぼ同じ面積)も、同じ地権者から購入する内容となっています。

 

 購入金額の妥当性や、計画地とほぼ同じ面積の西側土地を購入する必要性、従来の市の説明との整合性など、しっかり質していくことが求められると思います

 

 9月定例会につづき、市民の切実な暮らしの願いや選挙公約実現へ、共産党市議団は6名の議員全員が論戦に立ちます。

 

 本会議代表質問(12月4日)は山口議員、一般質問(5・6日)は山本議員・井上議員・北村、本会議後に設置される補正予算等特別委員会に松岡議員・白川議員が入り、質問します。ぜひ傍聴にいらして下さい!

 

 開会日の29日に市長から説明のあった報告案件のなかに、9月29日付けで市長専決処分された補正予算の報告がありました

 

 そのなかに、教育振興費委託金2千万円があります。予算明細書では、歳入として「教育費国庫委託金」として、教育振興費委託金2千万円が計上されており、「次世代学校支援モデル構築事業委託金」と説明書きがあります

 

 29日の本会議で、この補正予算についての質疑を行ない、所管する学校教育部長に詳細を質しました(北村質問)。

 

 全額国費の委託金で、文部科学省と総務省の2つの国の事業をあわせて実施するもので、事業期間は今年度を含め3年間(H2931年度)。学校現場の学習の成績記録やテスト結果など児童・生徒の様々な個人データを特定の民間企業が提供するシステムに蓄積し、情報を連携させ活用方途等を検証する事業です

 

 教育活動において作成されるデータ全般が検討対象で、情報を一括管理させる方向です。(国の委託金・税金のほとんどを、システムを提供する民間企業が受け取ります)

 

 個人情報の管理上のリスクが高まる懸念とともに、公教育の中枢部の児童データを民間企業が直接扱うことを可能にし、拡大させていくことの是非について、市民的な根本的論議が必要ではないか。現場の声をきくことなく、行政のトップダウンですすむあり方を問題視する意見を紹介し、行政の姿勢を質しました

 

 いまの市全体の姿勢として、民間活力導入にこれまで以上に踏み込もうとしています。わが党として議会論戦のなかで、ひきつづき問題点を質していきたいと思います。

カテゴリ:議会 comments(0)

集中豪雨と台風21号の爪痕…

ブログに訪れて下さったみなさん、こんにちは。

今年は、秋に入って気温があまり下がらなかったために、紅葉が遅く、今、晩秋の紅葉を堪能なさっている方も多いのではないでしょうか。そのせいか、今年は大型の台風がやってきて、たくさんの雨が降り続きました。

台風21号の爪痕は、今も市民生活に影響が出ています。

 

床下浸水や土砂災害、市民の安全を守るために市役所が、どんな対応をしてくれるのかと、市民のみなさんは待っています。

私が暮らす富雄地域でも、17メートルの高低差で土砂災害が起こり、不安を抱える住民の方が、奈良市に支援を求めています。

国や県、そして奈良市が連携し、安全な住環境を取り戻すために、力を尽くしてほしいものです。

ならうさぎ 拝

カテゴリ:市民生活 comments(0)

新斎苑事業で新たな動き

新斎苑事業は9月定例会で設計施工に3年間で51億円、供用開始後15年間の維持管理運営費として25億円、合計76億円の債務負担行為が議決され、事業が新たな段階に入りました。10月20日に行われた市民環境委員会ではかねてから共産党市議団も求めていた計画地に埋まっている投棄物調査の結果が報告されました。その主な内容は次の2点です。

 

‥初の環境影響評価で目視で9千立法メートル、処理費1億円と見込んでいた。内訳はその8割がコンクリートガラ(処理費1㎥9,200円)、2割が 瓦礫(処理費1㎥当19,000円)と見込んでいた。23か所のボーリング調査で5,076㎥、そのうち処理必要な投棄物は2,024㎥で土砂混じりの混合廃棄物の処理費は1㎥59,000円と高額。ふるいによる分別で1800万円必要など合計で1億4千万円と見込んだ。実際の処理は工事の中で行う。51億円の債務負担の範囲で可能

 

投棄物の中の成分としてヒ素、アスベスト、鉛、水銀などが基準値を若干超えるものがあることが判明。投棄物の下にある土壌にどれだけの影響を与えているかは、投棄物除去後に改めて調査して確認する

 

また要求水準書も公表されました。これは奈良市が民間事業者に要求する最低限の内容を文書にしたもので、これを見て民間事業者は提案内容を決めることになります。新火葬場のありかたにかかわって、共産党は、死産児の火葬に配慮すること、申し込み方法の改善や利用状況をリアルタイムでつかめるようにするなど利便性を高めること、動物炉と遺体の火葬炉を分けることなどを計画に盛り込むよう提案しています。これらが実現するよう引き続き取り組んでいきます。

 

 

カテゴリ:- comments(0)

新しい記事

カテゴリー

月別でさがす

このブログについて

書いた記事数:116 最後に更新した日:2018/12/19

記事検索

その他

mobile

qrcode